Hey Visitor!

神経ブロック

疼痛管理(ペインコントロール)には全身的なものと局所的なもの、またはその合わせた併用療法がある。ここでは局所の神経に麻酔をかけ、痛みを消す『神経ブロック』について記載した。

硬膜外麻酔法

硬膜外麻酔法は脊髄~脊髄神経根自体を直接、神経麻酔薬でブロックする方法。伝導麻酔でもっとも正確な鎮痛が得られる本手技は、後肢等の手術における鎮痛効果が大きい。硬膜外に投与する薬物は『局所麻酔薬』『オピオイド』等がある。局所麻酔薬ではその部位以降に分布する知覚神経+運動神経+交感神経をブロックできる。オピオイドでは交感神経、運動神経へはブロック作用がない(つまり知覚神経のみ)。

投与部位は第7腰椎と仙椎間にある腰仙椎間の部位を触診およびレントゲンで確認後、剃毛および消毒を施し、滅菌グローブを着用し、スタッイレット付き硬膜外針で黄靭帯を穿刺し、10秒間おく(脳脊髄液逆流がない事の確認)。そして1mlの滅菌生理食塩水をツベルクリンシリンジを用いて硬膜外へ注入する(抵抗感がないことの確認=抵抗消失法)。それらに異常がない事を確認した上、1分かけて薬剤硬膜外注入を実施する(この時間は急速注入による血圧低下や心拍数低下を起さないため)。薬剤の神経内流入は重力によっておこるため、片方の足の手術を行いたい場合、その足を下にした横臥位で本手技を実施すると良い(片側鎮痛)。また左右均等に実施したい場合伏臥位で行うとよい

硬膜外麻酔.xlsx
Microsoft Excelシート 11.9 KB

神経束内ブロック

手術中に、切断を要する部位の神経の束に23~25G注射針を用いて直接、局所麻酔薬を注入し、術後の疼痛を消失させる方法。 使用する局所麻酔薬は0.5%ブピバカイン0.4ml。注入後10分程度してから注入部位で神経を切断する。

伏在神経ブロック

後肢内側を走る伏在神経をブロックする方法。横臥位に保定し、大腿部内側の大腿骨中央部を剃毛消毒する。恥骨筋と大腿骨内側上顆の中間にある縫工筋と薄筋の間の筋溝を触知する。針先を大腿骨近位に向け、、大腿骨の骨軸から5度傾け、伏在神経を覆っている浅部筋膜を貫通する感触を得るまで1~2cm穿刺する。穿通感を感じたら、さらに2~3cm針をすすめ、吸引(血液が入ってこない事を確認)後、、針を少しずつ引き戻しながら注入する。 使用する局所麻酔薬は0.5%ブピバカイン0.4ml/kgの1/3量。

 

脛骨神経&総腓骨神経ブロック

大腿部の尾側中央を剃毛消毒する。大腿二頭筋と半膜様筋および半腱様筋の間の筋溝に親指を押し入れ、他の指で大腿二頭筋を大転子と膝蓋骨の中ほどで把持する。そして親指をさらに深く押し込み、大腿骨尾側を触知する。スタットレイト付きの脊髄針を大腿骨に垂直に尾側から頭側へ穿刺し、針先が大腿骨尾側骨幹にあたるまですすめ、当たったら大腿二頭筋を把持している指を少しゆるめ、1cm程針を引き戻してからスタットレイトを抜く。針先から皮膚刺入部までの距離を10分割し、針を少しずつ抜きながら吸引し、血液の戻りがない事を確認しながら薬剤注入の作業を繰り返し行う。使用する局所麻酔薬は0.5%ブピバカイン0.4ml/kgの2/3量。