Hey Visitor!

乳腺切除術

乳腺切除術は主に乳腺腫瘍、乳腺癌等で適応される術式です。方法は片側乳腺全摘出術、片側乳腺部分摘出術、単一乳腺部分摘出術に分かれ、手術方法は腫瘍の浸潤度や拡散度、良性か悪性かによって選択されます。

ここでは孤立性の良性乳腺腫瘍を紹介いたします。まず切開予定部位に対し剃毛消毒を実施します。

メスにて腫瘍周辺にマージンを設けながら切除します。この時、乳腺組織と他の組織との見極めが重要です。正確に腫瘍の発生している乳腺組織を含んだマージンまでを切開します。また下方マージン(深部組織へのマージン)にも注意します。この症例では良性の乳腺腫瘍であったため、筋膜までを下方マージンとして一緒に摘出いたしました。悪性であるならば場合によっては腹膜までをマージンとして設け、片側乳腺全摘出術を実施する必要があることもあります。

術後血腫を抑制するため、正確な止血を実施します。そして皮下識を吸収性モノフィラメント縫合糸で連続縫合し、皮膚に吸収性モノフィラメント縫合糸で埋没縫合した後、ステップラーで固定し手術を終了いたします。