Hey Visitor!

前恥骨ヘルニアも頻度は多くないもののまれに遭遇する体壁ヘルニアである。経験上膀胱の腹壁からの逸脱が多い。
陰茎に沿って傍腹部正中切開を行い、逸脱している組織の機能性、血行異常などを評価する。裂開を起こしている前恥骨靭帯を人工靭帯により置換し再建する。
まず1本目のスーチャーで再建した外観。