Hey Visitor!

胃に生じてしまった腫瘍、または虚血性壊死で穿孔リスクがあるケースなどに用いられる術式です。
胃にモノフィラメント吸収性縫合糸を二ヶ所かけ、牽引し、切除予定域を確認します。
切除域が決定したら、再建予定の漿膜面から粘膜面まで全層に支持縫合を数カ所行い、切開を開始します。この時、胃内容物の腹腔内漏出を防ぐためにガーゼパッキングを行います。
切除予定域の区画切除が終わったらガーゼを取り出し、粘膜面をPDS2-0から3-0で単純結紮縫合にて再建、筋層と漿膜面を吸収性モノフィラメント縫合糸で連続縫合、内反縫合を行い、腹腔内洗浄を実施します。