Hey Visitor!

脾臓摘出術は多くは脾臓に生じた腫瘍の治療として、または出血門戸抑制として、また自己免疫性血液疾患の治療の一環として行われます。
腹部正中切開を臍部よりやや上で行います。脾臓を視認し、周辺組織に異常がないか確認し、脾臓に入っていく血管を確認します。
脾門部血管を脾臓側と脾動脈側で一糸吸収性縫合糸で結紮して一本一本止血しながら進めます。
シーリングデバイスで行っても構いません。