Hey Visitor!

低血糖

point:①低血糖は血液検査で検出されることが多いが、それに症状(神経系エネルギー 

    不足⇒虚弱、発作、運動失調、振戦etc)。

   ②検査誤差やエラーの確認・・・ポータブルは真の血糖値より-30~50

    mg/dl位の誤差がでる。また室温放置検体は7mg/dl/hくらい低下する

 

原因:①重度感染症(敗血症)⇒感染症治療への反応&血液培養

   ②飢餓状態

   ③若年性低血糖

   ④トイ犬種低血糖

   ⑤激しい運動

   ⑥肝疾患⇒肝臓パネル&画像診断

   ⑦悪性腫瘍⇒腫瘍の検索&プレドニゾロン療法

   ⑧インスリノーマ

   ⑨アジソン病⇒ACTH刺激試験

   ⑩胃完全摘出、胃腸吻合

   ⑪医原性

   ⑫検査エラー⇒再検査

治療法

 (通常の低血糖)  

   25%glucose 2ml/kg IV

   5%glucose IVCRI

   経口グルコース&頻繁給餌

   グルカゴン(グルカゴンG・ノボ)

          5~10ng/kg/min(0.3~0.6μg/kg/h) IVCRI

 (インスリノーマ)

   2単独⇒2+3併用⇒ダメなら4、5、6を使え 

   1:少量頻回給餌

   2:プレドニゾロン0.3~0.5㎎/kg 2time/day PO or SC

      3:ジアゾキシド5mg/kg 2time/day PO(60mg/kg BIDまで増量可能。高価)

      4:グルカゴン5~10ng/kg/min(0.3~0.6μg/kg/h) IVCRI

   5:ストレプトゾトシン500mg/m2 2時間以上かけてIVCRI(使用前後2h  

    輸液して利尿させること。必要あれば3週間ごと)

   6:オクトレオチド(サンドスタチン)10~40μg/head  3time/day SC(イン

    スリノーマのソマトスタチン受容体の有無により、反応はまちまち。耐性

    出来る)

    ※glucoseは経口でもIVでもインスリノーマのインシュリン分泌を増長する

     ため、その場しのぎの治療であることに留意せよ

      ※1の給餌法はドライか缶詰がよい。半生は糖価が高く、インシュリン分泌

     を助長する。一日カロリーを4~6回分割する。